ステージ3からの復活

普段は街乗り、たまに峠。後悔しない人生を走り続けていく、ぼうやの挑戦

抗がん剤治療

こんばんは、すてありんぐぼうやです。

 

手術で切り取った腸を検査してもらうと、ステージ3のBでした。

リンパ節に転移があったので、半年間くらい抗がん剤治療をする事になりました。

ステージ3は、再発率が40%です。

 

人生で初めて、半年間も会社を休む事になりました。

「あ~、どんな治療になるんだろ?」

凄く不安でした。

 

もしかして体内に、がん細胞が潜んでいるかもしれないんで、完全にやっつけるためにも、点滴と飲み薬の両方をおこなうキツい方法を選択しました。

 

ゼロックス療法」と言うものです。

f:id:sutearing-bouya:20170520220339j:plain

 

治療スケジュールとしては

1回の治療が3週間で、合計8回、約6か月間行います。

毎回治療の初日に「オキサリプラチン」の点滴をします。

「ゼローダ」という飲み薬と他にもあり、毎日15錠の薬を飲みました。

 

僕の場合は、副作用が非常にキツくて、点滴した日から1週間はベッドに寝たきりになり、頭痛や吐き気、ダルさもあり、味覚が半分以下になり、1週間で4kgも体重が減ってました。

 

1週間が過ぎると、体力が回復してきてダルさもなくなり、食欲も回復してきて、減った4kgが元に戻りました。

その繰り返しが、半年間も。

もう身体は悲鳴をあげてましたね。

 

「こんな事、二度としたくない!」

 

まさか、自分がこんな体験をする事になるなんて。

 

正直言って、「がん」は自分にとって無縁の事だと思っていましたから。

 

今は、2人に1人は「がん」になると言われている時代です。

自分に「検査」というチャンスが来るならば、ためらわずに受診して頂きたいと思います。

 

 

半年間の治療が終わり、再発率が20%になりました。

無事に仕事復帰が出来て、働ける事が「シアワセ」だと感じる事に再度きずかされました。

 

味覚が戻り、当たり前のように食べていた食事が、こんなに素晴らしい事なんだと、思い知らされました。

 

抗がん剤治療後の検査は、3か月に1度の血液検査と造影剤を使ってのCT検査を今現在も進行中です。

5年間していく予定です。

なんとか再発は免れています。

 

神様がいてるとするならば、大きな感謝をしたいです。

大切な嫁さんと娘の為にも、まだ死ねません!

 

 

まだまだ気は抜けませんが、現実を受け止めて生きていきたいと思っています。