ステージ3からの復活

普段は街乗り、たまに峠。後悔しない人生を走り続けていく、ぼうやの挑戦

愛車メンテナンスについて確認していこうと思います

 

こんばんは~ すてありんぐぼうやです。

 

今回から、一般的な愛車メンテナンスについて記していこうと思います。

皆さん「愛車のメンテナンス」ってしっかりされてますか?

僕の場合は、車が無いと生きて行けない性格なので、仕事以上に気合いが入ってます。

 

・とにかく毎日運転(MT車)したい。

・1週間に1回は洗ってあげる。

・洗うと同時に不具合を見つける事が出来る。

・車にも心があるんだと言いきかせる。

・「いつもありがとう」ってボンネットに手を添えてあげる。

 

こんな感じで愛車と付き合っています。

 

人それぞれ、車に対する感じ方が違うと思います。

 

目的地にまで走ってくれればいい人。

僕のように走らせることに喜びを感じる人。

ドレスアップを楽しむ人。

車が無いと生活出来ない人。

 

色んな思いで車って使われていますよね。

でも共通して言えるのは、どんな車でも「メンテナンス」していかないと走らせることは出来ないと言う事です。

オイルは定期的に交換してあげないといけないし、タイヤの溝が減ってきたら交換しないといけないし、最も大切なバッテリーも点検しないとエンジンがかからなくなりますし、その他にも沢山ありますが。

 

「エアクリーナーエレメント」について

 

空気が最初に入ってくるところ。

汚れが付着すると、エンジンパワーに悪影響が出てきます。

燃費も悪くなってきます。

僕の使ってるエアクリーナーエレメントの比較です。

 

 

f:id:sutearing-bouya:20170624003902j:plain

 

左側が新品で、右側が汚れた状態です。

一般的な交換時期としては、10000~20000Kmと言われています。

点検方法としては、車によって変わりますがエアクリーナーボックスを取り外して、実際に汚れ具合を確認されるのがいいと思います。

 

「交換しないとどうなる?」

 

エアクリーナーエレメントは、エンジンの中に入っている空気に混ざっている異物を取り除く役割をしています。

空気に異物が混ざったまま、エンジンの中に入ると異物が研磨剤のような働きをしてシリンダーやピストンリング等が摩耗する可能性があります。

その結果、シリンダーの密閉状態が悪くなり圧縮した混合ガスがピストンの裏側に抜け圧縮と燃焼が十分に出来ずにパワーダウンや燃費の悪化につながります。

 

常に良い状態を保ってあげる為にも、定期的な点検と交換をしてあげてくださいね。

 

今日の ”ことわざ”

 

「青柿が熟柿弔う」 (あおがきがじゅくしとむらう)

熟柿が地に落ちて潰れるのを、青柿が同情するが、自らもやがてその運命となる事に気が付かない。

今、優劣の差はあっても結果は同じとの意味。