ステージ3からの復活

普段は街乗り、たまに峠。後悔しない人生を走り続けていく、ぼうやの挑戦

2度と忘れない中学の思い出

こんばんは~ すてありんぐぼうやです。

 

日中は暑いんですけど、朝晩は冷えますね。

僕もですが、風邪ひかないように気を付けてくださいね。

 

何年か前に運動をやめてから、ホント体力が無くなってきました。

仕事で後輩と勝負になると体力の衰えを感じてきました。

でもまだまだ負けませんけどね^^

 

運動と言えば、僕の学生時代はボール扱いの連続でした。

小学3年から町内会のソフトボール部に入り、ずっとセカンドを守っていました。

6年までの4年間。

もう記憶が薄れてきてるけど。

 

中学生になり、野球はせずに色んなスポーツをやりたくなりました。

友達と一緒にバスケットボール部に。

バスケは、5人でコートを走りまくりで、かなり体力を使います。

当時の僕は、人前に出るのが苦手で、いつも避けてました。

 

ある日、他高に練習試合に行きました。

スタメンじゃない僕は「どうせ試合は見てるだけだな」って思い、気合もなければ、適当に応援しとこうって感じでした。

すると、監督がやってきて「試合に出る準備しとけ」って言われました。

もうそれからは心臓が「バクバク」状態でした。

 

緊張感が半端なくて、いよいよ出場!

試合が始まり、5分、10分と走り続けると、更に緊張感が増し、頭も混乱状態

に。

相手にゴールを奪われたあと、味方からボールを貰い、「やってはいけないこと」

をやってしまいました。

 

 

味方からボールを受け取ると、上を見てしまったんです。

上を見るとゴールネットがあって、心はパニック状態で、そのままシュートしてしまったんです。

そんな時に限って入ってしまいました。

 

会場は、騒然・・・

オウンゴール

 

自分でも呆然・・・

 

監督が、「コラッ! こっちこい!」

会場満員の中で、おもいっきり顔にビンタされました。

 

みんなに合わす顔がありません。

次のクラブ活動から、誰も話かけてくれなくなりました。

そうなると気の弱い僕は部活をサボり気味になり、そのうち行かなくなりました。

「まだ2年なのに・・・」

 

自分から逃げてしまいました。

今思うと、最後まで部員でいたかった。

みんなのプレッシャーが凄くて耐えきれなかった。

 

今はプレッシャーから逃げないように、あの時のようにならないように自分に言い聞かせています。

 

 

今日の ”ことわざ”

「会うは別れの始め」

会えば必ず別れがある。つまり始めがあれば終わりがあり、喜びあれば悲しみがあるのと同じことで、これは逃れることのできない人の世の定めといえる。