ステージ3からの復活

普段は街乗り、たまに峠。後悔しない人生を走り続けていく、ぼうやの挑戦

MRI検査と授業参観

こんばんは~  すてありんぐぼうやです。

 

昨日は、自宅に帰ってきたのが遅くて、PCを見る余裕がなくて風呂入って寝てしまいました。

 

僕の親父は昭和21年生まれの70歳です。

来月で71歳になります。

仕事は「大工さん」。

子供の頃から、凄く怖かった親父です。

 

そんな親父も、白髪で視力が段々と落ちて、体調もそんなに良くないです。

水曜日の夜中3時に腰に激痛がはしり、我慢できなくて母に「救急車呼んで!」って言ったそうです。

 

あくる日に母から連絡があり、「明日、検査するから仕事帰りに病院寄って」とのこと。

次の日、定時から急いで病院に向かいました。

 

病院に着いて、2階に上がってMRI室に向かうと親父を見つけました。

車椅子でこっちに向かってくる親父を見て、少しビックリしました。

そんな親父を見たのは初めてだったので。

 

話を聞くと、「今から検査やで」。

1時間くらいかかりました。

検査結果は1週間後。9年前に腰の手術をして以来の事です。

 

実家に2人を送る前に、食堂で晩御飯しました。

親父も心配ですが、母も心配です。

僕と一緒で癌になってるし、遺伝ってあるのかな~って思ってしまいます。

 

話は変わりますが 

今日は、娘の学校に初めて授業参観に行ってきました。

僕が高校の時は、授業参観なんてなかったような・・・

 

小学校の時から、授業参観はずっと参加してます。

やっぱり娘の勉強風景は気になりますもんね^^

科目は「数学」だったんですが、とっくに忘れてるし全然ついていけませんでした。

嫁さんはついていけてたみたいで、流石だな~って。

学校は女子高で、教室の中がみんな女子なので、こっちが緊張しました。

 

毎日、駅まで送っていますが、「ちゃんとやってるんだな~」って安心出来たので良かったです。

9月には、もう16才になるし反抗期の真っ最中だけど、思い出に残る高校生活にして欲しいと思いました。

 

この前、仕事から帰ってきてシャワーを浴びて、浴室をあがると、扉の向こうから2人の大きな声が響いてました。

 

「ママの事なんか、小学生の頃から嫌いやあ~」

 

「私もあんたの事なんか嫌いやあ~」

 

って口喧嘩してたのに、今日は帰りの車の中で数学について仲良く話してたので、「良かったぁ」ってホッとしました。

女性の性格は僕には理解できません^^

「さっきまで怒ってたのに、もう笑ってる」って事がよくあるんですよ。

 

さあ、明日は愛車のプラグ交換をして、インプレッション。

また吹け上がりが楽しみだなぁ~

 

 

今日の ”ことわざ"

 

「相碁井目」 (あいごせいもく)

相碁は実力対等同士の囲碁であり、井目は技量に差のある人の対局。

同じ事をしてもその腕前に大きな「へだたり」がある、という比喩である。