ステージ3からの復活

普段は街乗り、たまに峠。後悔しない人生を走り続けていく、ぼうやの挑戦

もう、やめとこうと思った・・・

こんばんは、すてありんぐぼうやです。

 

もう過ぎましたが、今年のゴールデンウイークは9連休でした。

連休8日目の土曜日。

この日は、てっきり娘の学校が休みだと思ってました。

 

目が覚めると、AM8時前。 嫁さんはまだ(-_-)zzz

リビングにいって、顔を洗って朝飯の準備。

 

5分くらいすると、娘の声が響く・・・

 

「パパっ、寝坊したあ~~~!」

 

僕 「今日は休みじゃなかったの?」

娘 「第1土曜日は学校だよ~」

僕 「よっしゃ、送っていったるっ」

 

娘の高校までは、徒歩と電車で約1時間。

授業開始は8時30分。

普通に考えると、絶対に間に合わない。

 

これはマイカーに頼るしかない!

 

僕も娘も準備で必死。

「早く、早く、早くう~」

 

大急ぎで玄関を飛び出して、駐車場に走りました。

車に乗り込み、エンジンをかけて暖気もせずに走り出しました。

 

僕 「パパ、急ぐから、しっかりベルトしてシートに摑まっておくんやぞ」

 

もう8時15分。

「ヤバい時間がない!」

 

頭の中で、最短ルートを探し限界ギリギリの走り。

 

娘 「パパ、事故だけはしないでえっ」

 

走りながらも、「冷静にならないと」

自分に言い聞かせながら、走りました。

 

3車線の両脇に走る車が止まって見える。

「パパっ、ダメ、ダメ」

 

学校が数百メートル先に近づいてきた!

「パパっ、もうすぐ間に合うかも・・・」

 

最後の交差点に差し掛かり、あと3分。

両手、両足が震えてきた。

 

 

 

「パパっ、大丈夫! 間に合うよ」

娘の一言で、震えが止まりました^^

 

なんとか、1分前に到着!

 

「あ~、心臓止まるかと思ったよ~」

 

娘とバイバイしてから、ボサボサの髪の毛を気にしながら自宅に帰りました。

自宅に着くと、また布団に入ってしまいました^^

 

もう、こんな走りはやめようと思いました。

あとで、嫁さんから「どうやって15分で行ったの?」って聞かれたけど、

「信号が味方してくれたよ」って誤魔化したのは、ここだけのお話です^^