ステージ3からの復活

普段は街乗り、たまに峠。後悔しない人生を走り続けていく、ぼうやの挑戦

まず伝えたいこと

こんにちは、すてありんぐぼうやです。

 

次のブログはどうしようか?

と、色々考えてみました。

 

 

「ステージ3からの復活」って?

感のいい方はわかるかもしれませんが。

 

僕の人生で一番大きな出来事を、まず伝えたいと思います。

 

2年前の3月、出張先でお腹に「がん」が見つかりました。

 

出張に行く前に、「がん検診の無料クーポン」を持っていたので、自宅近くの病院で便の検査をしたところ、便の中に血が混じっていました。

医師からは、「すぐ精密検査をしてください!」

と言われました。

 

僕としては、すぐに出張に行かないと駄目だったので、出張先の病院で精密検査を受けることにしました。

 

後日、病院で再検査をしたんですが、結果は数日後に。

 

受付から、「結果は電話で確認してください」と言われたんです。

 

「え、そんな大事なことを電話で聞くの?」

「医師から直接聞くことじゃないの?」

 

 

数日後、電話をすると案の定。

陽性反応で、「がん」が発覚しました。

 

 

次の日、仕事なんかしてる場合ではなく速攻で自宅に戻りました。

嫁さんと一緒に病院に行き、また検査。

血液とか色々しました。

 

医師から、「すぐに入院してください!」

 

「え~!  そんなに悪いの?」

再々検査の結果は、「S状結腸癌」でした。

しかもステージ3のBでした。

 

末期の手前でした。

 

「あと半年でも発見が遅かったら、この世にいてなかったかも、、、」

 

家族に見守られながら、3時間の手術を終えました。

腸を10cm切断。

 

手術を終えたベッドで24時間を過ごしました。

寝返りが打てず、滅茶苦茶辛かったです。

喉が渇き、ナースを呼んでは水を飲ませて貰いました。

 

知らぬ間に寝てました。

暫くすると、微かに嫁さんの声が聞こえてきました。

 

「おはよう、1日ずっと寝てたよ。手術無事に終わって良かったね」

 

なんか、ホッとしました。

 

10日間の入院中、切断した腸を検査すると

リンパ節に、がん細胞が結構転移してました。

 

手術後のリハビリが、かなり苦しかったんですが、無事に退院する事が出来ました。

ですが、既に転移してる事で「抗がん剤治療」をする事になりました。

 

 

今日はこのくらいで、また次のブログでお伝えしたいと思います。